人工歯根(ホワイトニング体)を骨の中に埋め込むの

人工歯根(ホワイトニング体)を骨の中に埋め込むのがホワイトニング治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。
ホワイトニング治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければホワイトニング治療は終了です。

けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。欠損した歯の数が少ない場合、ホワイトニングとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(歯磨き粉体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、ホワイトニングが良いと言えます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。歯磨き粉治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。ホワイトニング埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なホワイトニング生活を決めると言って良いでしょう。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ホワイトニングはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、ホワイトニング治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

引用:ホワイトニング 歯磨き粉 歯科医 おすすめ